teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. !! 注目!! 【ドイツと日本の 修好150周年を記念して、カンタータを歌いませんか!!】 (0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 開演時間の告知は正確に!

 投稿者:内野滋生メール  投稿日:2008年 6月11日(水)01時48分16秒
返信・引用
  > No.115[元記事へ]

熱烈ファンさんへのお返事です。

ご投稿いただきました熱烈ファンの方へ

所沢メンネルコールのチーフマネージャーを仰せつかっています、内野と申します。
日頃は、ご支援、ご鞭撻いただきまして、誠にありがとうございます。
ご指摘の件は、私どもの不注意から大変なご迷惑をおかけ致しまして、誠に申し訳ございません。
『ハーモニー』の原稿は、1月に合唱連盟に提出したもので、当時の考えとしては、昨年の
演奏会が思いのほか早く終わりすぎたものですから、30分遅らせて14:00からのほうが、
お客様もゆとりが持てていいかもしれない、と思っていたために14:00開演予定としたもの
でした。その後、数ヵ月経って実際に全曲時間を計ってみると、やはり、13:30開演でないと
収まらないないとわかってきました。そこで従来通り13:30開演が確定となり、チラシ、
プログラム、チケット、広報記事等すべて13:30開演としてきました。ただひとつ、すでにかなり前に刊行されました『ハーモニー』広告のみ、そのままになってしまいました。
今となっては、配慮が足りなかったことを恥じるのみです。誠に申し訳なく、お詫び申し上げる
次第でございます。以後、十分に注意いたしますので、ご容赦いただければ幸いに存じます。
また、他にもご迷惑をおかけしました方がいらっしゃることと思います。この場をお借りしまして、お詫び申し上げます。誠に、申し訳ございませんでした。



> 合唱連盟の『ハーモニー』には、本日の定期演奏会の開演時刻が14時とされています。そのつもりで出かける準備をしていたら、知人から13時半開演と知らされ、今大慌てです。たしかにホームページにも13時半開演とされていますから、『ハーモニー』の記載が間違っているのでしょうか?なんとも困ったものです。原因を追求しても今さら仕方ありませんが、次回からは気をつけてほしいものです。
 
 

開演時間の告知は正確に!

 投稿者:熱烈ファン  投稿日:2008年 6月 8日(日)12時06分53秒
返信・引用
  合唱連盟の『ハーモニー』には、本日の定期演奏会の開演時刻が14時とされています。そのつもりで出かける準備をしていたら、知人から13時半開演と知らされ、今大慌てです。たしかにホームページにも13時半開演とされていますから、『ハーモニー』の記載が間違っているのでしょうか?なんとも困ったものです。原因を追求しても今さら仕方ありませんが、次回からは気をつけてほしいものです。  

演奏会のご案内

 投稿者:北村照夫メール  投稿日:2008年 6月 5日(木)10時41分50秒
返信・引用
  所沢メンネルコールの皆様

こんにちわ。
男声合唱団フロイデと大阪外国語大学グリークラブOB会で団内指揮を務める北村照夫と申します。
さて、男声合唱団フロイデでは、2008年10月11日(土)に作曲家:松下耕氏委嘱作品<秋の瞳>をメインに、ヴォルガの船唄、スリコ等<ロシア民謡>、天台声明を音楽化した<敬礼段>、いい日旅立ちなど愛唱曲をステージ構成とした第8回定期演奏会を柏市民会館で開催予定です。

又、2008年6月15日(日)14:00~&16:00~2回公演で柏高島屋にて父の日コンサートを開催致します。以下は柏タカシマヤのHPより引用の記事です。

〈男声合唱団 フロイデ父の日コンサート〉
■6月15日(日)午後2時・4時
■T館3階 エントランスステージ
歌っているお父さんは、いつもよりもっと輝いています。※雨天時・荒天時は中止させていただく場合がございます。

ちょっと柏まで出かけた折に、お立ち寄りいただければ幸いです。

演奏曲目は下記の通りです。
・いざ起て戦人よ
・青蛙
・ふるさとの四季より
~故郷・茶摘・夏は来ぬ・われは海の子・故郷~
・モスクワ郊外の夕べ
・ともしび
・思い出の渚
・宇宙戦艦ヤマト
・高原列車は行く

男声合唱団フロイデ:団内指揮:北村照夫
 

音楽祭2008「夢を奏でるコンサート」 Vol.4

 投稿者:エムパレス音楽企画  投稿日:2008年 5月 5日(月)13時51分22秒
返信・引用
  合同演奏会の出演者募集を開始しました。
応募締め切りは2008年6月30日です。

名称:音楽祭2008「夢を奏でるコンサート」 Vol.4
日時:2008年11月22日(土)
場所:こもれびホール(小) (東京都西東京市中町1-5-1)

♪ピアノ、ピアノサークル、合同ピアノ発表会
♪声楽、コーラス
♪弦楽器、管楽器、民族楽器、古楽器
♪ソロ、アンサンブル、…等

詳細は「夢を奏でるコンサート」ホームページ
http://mok.piano-tuning.jp/ をご覧ください。

http://mok.piano-tuning.jp/

 

先日はお会いできて光栄です!

 投稿者:近藤建設 大塚ですメール  投稿日:2008年 4月 9日(水)08時54分0秒
返信・引用
  書き込み遅れてしまってごめんなさい。

日曜日に着物でお会いした、大塚佳代子です。

所沢メンネルコールさんのサイト
すごい凝っていて、びっくりしました。

私の勤めている会社は近藤建設株式会社で
埼玉で地域密着で住まいをご提供している会社です。

私は広報を担当していますので、

埼玉が元気になる取り組みを
       応援させていただいております。

弊社サイトは、
http://www.kondo-gr.co.jp/

私のブログはこちらです。
http://kon1.blog71.fc2.com/

今後とも、お付き合いの程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

http://www.kondo-gr.co.jp/

 

国際合唱祭ハルモニア参加へのお誘い

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会メール  投稿日:2008年 3月24日(月)16時25分39秒
返信・引用
  所沢メンネルコールの皆様へ

突然の書き込みにて失礼いたします。

さて、ブルガリアの首都ソフィアから275kmのところにある町ハルマンリで1896年に結成された混声合唱団“SLAVEJ"(ナイチンゲール)では、ハルマンリ市および“Druzhba”国立コミュニティーセンターとともに来年第3回国際合唱際”ハルモニア“を6月4日~7日に開催しますが、来年は日本の合唱団をぜひ招きたいとのことです。

つきましては、皆様にこのブルガリアでの国際合唱祭参加をご検討いただけないでしょうか。
国際合唱祭とうたっておりますが、通常ブルガリアの合唱団3団体、それと外国3カ国からの3団体、計6団体で国際親善を図る内容で、コンペティションはありませんので気軽にご参加ください。
どのような合唱団にもお薦めできます。規模が小さい分、交流は楽しく、内容の濃いものになります。この機会に琴欧州の母国ブルガリアの魅力を発見してみてはいかがでしょう。

ハルマンリ国際合唱祭“ハルモニア”の特色
●参加合唱団は通常ブルガリアから3団体、外国から3団体で環境のよいこの地方都市で小ぢんまりと楽しく合唱を通しての国際親善を図る内容。前回外国合唱団は、スペイン、ロシア、ポーランドから参加。2009年は日本ブルガリア国交回復50周年につき日本の参加を希望。
●フェスティバルは各国から参加の合唱団の親善交流を第一とし、コンペティションは行わない。
●参加合唱団は男声、女声、混声で参加団員数や年齢に制限ない。●参加合唱団員はアマチュアに限られるが、指揮者や指導者はプロでもかまわない。●ピアノ伴奏可。●演奏時間は45分以内で、プログラムは参加合唱団が自由に選択できる。●フェスティバル期間中にブルガリアの作曲家による1曲を学ぶ機会がある。●参加者全員に対し参加証と合唱祭ポスターが渡される。●参加合唱団にはフェスティバル期間中に2回以上のコンサートをしていただく。●ハルマンリ近隣都市でも演奏していただく機会がある。

ハルマンリは首都ソフィアからトルコのイスタンブールへと続く街道上にあり、トルコ、ギリシャの国境に近いです。ご参考までに合唱団”SLAVEJ”のプロフィールと下に記しますので、お目通しいただけましたら幸いです。ご興味ございましたら、日程案をご覧いただくようにいたしますので、ご連絡ください。
なお、日本からの参加は1団体に限られますので、早く参加をお決めいただいたところにお願いすることになりますのでご了承ください。突然のご案内で失礼いたしました。


ジョイントコンサート国際委員会 事務局
事務局長 垣沼佳則
http://www.jointconcert.com
jointcon@vesta.ocn.ne.jp



Mixed Choir “SLAVEJ” (nightingale)
ブルガリアのHarmanliで活躍する今年(2008)結成112年目という歴史ある混声合唱団。
1896年に結成され、今年(2008)で112年目となる。団員は20~65歳の約50名。宗教曲、世俗曲、フォークロアと、違ったスタイルの音楽をポリフォニーで演奏。第5回および第6回のブルガリアの全国大会においてシルバー・メダルを獲得している。これまでにポーランド、ロシア、セルビア、ギリシャ、イタリア、フランスでコンサートをしている。
指揮者は1972年うまれねStelia Georgieva女史。同合唱団の本拠地ハルマンリは首都ソフィアから275km東南へ行ったところにある人口2万数千の町で、ギリシャまで35km、トルコまで50kmとそれぞれ国境に近い。
ハルマンリは500年の歴史をもち、ソフィアからイスタンブールへの街道上に位置する。日本・ブルガリア国交復50周年を迎える来年6月初めに開催の3rd International Choir Festival “Harmonia”への日本からの参加を期待している。
 

第1回国際バッハ・ヘンデル・ワークショップについて

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会メール  投稿日:2008年 2月20日(水)10時51分32秒
返信・引用
  突然の書き込みにて失礼いたします。

☆“ライプチヒ・バッハフェスト”で世界合唱団の一員として歌うチャンス☆
<第1回国際バッハ&ヘンデル・ワークショップ開催のご案内>

世界的に有名な“ヘンデル・フェスティバル”と“バッハ・フェスト”がヘンデル生誕の地ハレおよびバッハ縁の地ライプチヒで今年も6月に開催されますが、そのバッハ・フェスト行事会場の1つニコライ教会でオルガニストをしているユルゲン・ヴォルフ氏が第1回国際バッハ・ヘンデル・ワークショップをライプチヒ・バッハ協会の協力を得てバッハ・フェスト行事として6月13、14日にライプチヒでも最も古い教会の1つにニコライ教会に世界各地からアマチュア合唱員を集め開催します。概要は下記の通りです。

オーケストラ: メンデルスゾーン・カンマーオーケストラ
指揮:  ユルゲン・ヴォルフ
合唱練習:6月13日(金)19:00 ニコライ教会近くの練習会場にて
本番: 6月14日(土)18:30 ニコライ教会
(バッハ・フェストプログラムNo.14)
曲  目:
J. S. バッハ
●バッハ「ロ短調ミサ曲」より
サンクトゥス Sanctus (aus Messe h-moll BWV 232)
ドナ・ノービス・パーチェム Dona nobis pacem (aus Messe h- moll BWV 232)
●カンタータ第147番より
コラール Choral „ Jesus bleibet meine Freude“(aus BWV 147)
●カンタータ第76番より
合唱曲 Chor„Die Himmel erzählen die Ehre Gottes“(aus BWV 76)
●マニフィカートより „Sicut locutus est“ (aus d. Magnificat BWV 243)
G. F. ヘンデル
●デッティンガー・テ・デウムより
第1番 „We praise Thee, oh God“ (Nr.1 aus Dettinger TeDeum)
同第2番   „All the earth“(Nr.2 aus Dettinger TeDeum)
●「メサイア」より „Halleluja“ (aus d. Messiah)

日本からも参加しませんかと、この度ヴォルフ氏から参加要請が届きましたので特別に参加ツアーを企画いたしました。渡航期間:6月11日~17日 7日間

個人でも団体でも参加できます。ワークショップに加え、両フェスティバルのコンサートも時間が許す限りお楽しみいただけます。コンサート・チケットはものにより必ず入手できるとお約束はできませんが、お手伝いさせていただきます。

ユルゲン・ヴォルフ氏はオルガニストだけでなく作曲、オーケストラ指揮、オルガンやチェンバロについての世界的権威であり、ラジオ、テレビ、CDで活躍しております。
ニコライ教会は昔からライプチヒで最も有名な教会の1つで創建はライプチヒの町がつくられた1165年頃。バッハのSt.John Passionは1724年にここで初演されています。またニコライ教会はバッハが聖歌隊先唱者を務めた5つの教会の1つでもあります。
ヘンデル・フェスティバは1922年から開催されています。10日間で40ほどのプログラムがあります。一方、バッハ・フェストは1904年に始まり、1999年からは毎年実施されています。
100にもおよぶプログラムで5万人のバッハファンを世界中から集めています。ゲヴァントハウスとトーマス教会でも行事が繰り広げられます。

ご興味をお持ちの場合は、資料をお送りいたしますので、郵送先アドレスをお知らせください。
なお、ライプチヒ・バッハ協会へ参加名簿提出の期限があるため、参加申し込み締め切りは3月21日(金)になります。それではよろしくお願いいたします。

ジョイントコンサート国際委員会 事務局
事務局長 垣沼佳則
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
 

リンク先変更のおねがい

 投稿者:高野  投稿日:2008年 1月30日(水)17時49分41秒
返信・引用
  お世話になっております。男声合唱団ダンディーズの高野と申します。
私共の合唱団へリンクをしていただいてありがとうございます。
申しわけありませんが最近、新しいドメインにいたしましたので
そちらへリンクのし直しをおねがいします。
新しいURLは以下の通りです。
http://www.h-dandies.com/

お手数をおかけして申しわけありません。
今後ともよろしくおねがいもうしあげます。

男声合唱団ダンディーズ/高野
 

素敵な演奏をありがとうございました

 投稿者:SC所沢 村上メール  投稿日:2008年 1月20日(日)19時22分49秒
返信・引用
  本日の「手をつなぐ親の会・成人を祝う会」では、皆さんの素敵な演奏をありがとうございました。
障がいを持つ人も持たない人も楽しめるように身近な曲を選曲して頂きました。
後半のJULEPSの皆さんの歌を含めて、楽しいひと時を過ごすことができました。これからもよろしくお願い致します。

http://ameblo.jp/sc-tokoro/

 

♪第30回記念定期演奏会のお知らせ♪

 投稿者:名古屋大学コール・グランツェメール  投稿日:2008年 1月13日(日)21時28分25秒
返信・引用 編集済
  突然の書き込み失礼いたします。混声合唱団名古屋大学コール・グランツェの神取と申します。我が団の定期演奏会のお知らせをさせていただきます。

純粋な合唱音楽の追究を目標として活動してきました我が団は、今年度定期演奏会が30回という節目を迎えました。これを記念し、信長貴富氏の委嘱作品をOB・OG合同ステージで初演いたします。客演指揮に伊東恵司先生をお招きし、信長作品の新しい魅力を存分にお楽しみいただけるものとなっております。是非ご来場ください。

□■名古屋大学コール・グランツェ第30回記念定期演奏会□■

日時 2008年1月27日(日) 開場14:15 開演15:00
会場 愛知県芸術劇場コンサートホール(市営地下鉄栄駅4番出口より徒歩3分)
入場料 1000円(前売り500円 ※ぴあ前売り800円):全席自由

♪第1ステージ 五つの混声合唱曲「飛行機よ」
  作詩:寺山修司  作曲:萩京子
 指揮:川原田拓也 ピアノ:須田麻由佳
♪第2ステージ FIVE TRADITIONAL SONGS
  編曲:JOHN RUTTER
 指揮:小縣望
♪第3ステージ 混声合唱曲集「そのひとがうたうとき」
  作詩:谷川俊太郎 作曲:松下耕
 指揮:小縣望   ピアノ:須田麻由佳
♪第4ステージ 信長貴富新作委嘱初演 OB・OG合同ステージ
混声合唱曲集「いろとりどりのうた」
  作詩:川崎洋    作曲:信長貴富
 客演指揮:伊東恵司 客演ピアノ:平林知子

お問い合わせ・チケット取扱 神取:090-7850-7168
wir_glanzen_30th@friex.jp
チケットぴあ(Pコード 275-020)

名古屋大学コール・グランツェHP http://www2.jimu.nagoya-u.ac.jp/chorglanze/

団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております☆
貴重なスペースをありがとうございました。

http://www2.jimu.nagoya-u.ac.jp/chorglanze/

 

レンタル掲示板
/21