teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:49/368 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

合気道を長く続けるために

 投稿者:谷澤義光  投稿日:2018年12月 9日(日)18時06分13秒
  通報
  合気道を長く続けるために
                                       船橋合気会 谷澤義光
1 はじめに
  私は、週に1回本部道場に稽古に通っている。もう5年半になるが、私より年上でも元気に 稽古を続けている人もいれば、事情は分からないが、稽古に来なくなった人もいる。このような状況を見て、合気道を長く続けるにはどうすべきか考えてみた。そして、自分なりに気づいたのは、次の2点である。
2 体を柔軟にすること。
 私が本部道場に通い始めて、まず驚いたのは、周囲の人達の体が柔らかいことである70代後 半の男性でも、開脚前屈で胸が畳につく人がいる。私の体は、船橋合気会の中では普通の柔らかさだと思っていたが、本部道場の準備運動の時に、自分は硬い方だと気づかされた。
 体が硬いから受け身も硬い。受け身が硬いと、一緒に組んで稽古をしてくれる相手を見つけるのに苦労する。自分が技をかけて相手にけがをさせるのは、誰でも嫌なので、技をかける時にどうしても気をつかうことになるからである。
 そこで、道場に行って稽古をするのは週に2回だけだが、ストレッチは毎日行うようにしている。毎回10分程度のものだが、特に股関節と足首を柔軟にすることを心がけている。
3 「受け」をサボらないこと。
 合気道の稽古は、「取りが半分、受けが半分」と言われている。取りと受けを交互に行い、初心者と高段者が組んでも「平等に稽古の時間を使う」ところが合気道の素晴らしさだと私は考えている。
 また「受け」で、投げられてから素早く起き上がり、再び攻撃していくのは、かなり体力を使うことである。特に、体幹や心肺機能を鍛えるには大変有効な「運動」だと思う。また、投げられることにより、自然に力が抜ける。特に手足など体の末端の力が抜けていくのは、技の上達にも役立つのではないかと思う。
 そこで、私は「受け」をサボらないことにしている。特に、初心者と組む時は、自分が技をかけることより、「受け」に重点を置いている。自分が投げられたら素早く起き上がって、再び攻撃することを心がけている。このことにより、合気道は「試合形式」の稽古ではないので、ひとつの技を完遂させても、それで終わりではないこと、「残身」が必要であることを初心者が実感できるようこころがけている。
4 終わりに
 私は、以上の点を心がけて、長く合気道を続けたいと思っている。本部道場では、同じ人と組んで1時間稽古することが多い。従って、「この人と組んでも稽古にならないな」と思われると、相手を見つけるのに苦労する。私は現在68歳だが、自分がいつまで「相手にされるか」試してみたいと考えている。
                                       (平成30年12月3日)
 
 
》記事一覧表示

新着順:49/368 《前のページ | 次のページ》
/368