teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


8月福太郎アリーナ稽古日

 投稿者:吉見  投稿日:2019年 7月23日(火)09時49分29秒
  8月の福太郎アリーナの稽古日は以下の通りです。
日曜日 8月4日、11日、25日
木曜日 8月8日、22日、29日
以上です。
 
 

本日の稽古

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 7月23日(火)08時47分32秒
  管理人です。実に長い梅雨ですが、皆さん体調は大丈夫ですか?  いよいよ明後日あたりに梅雨明けとなりそうです。しかし、火曜日って雨の日が多いですね。ちなみに本日の稽古は第4週なので、武器取りです。杖をお持ちの方はご持参ください。では、稽古場でお会いしましょう!  

全日本少年少女練成大会

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 7月15日(月)14時40分26秒
編集済
  管理人です。昨日は梅雨の雨降る中、日本武道館にて行われた全日本少年少女武道練成大会合気道の部に参加してきました。全国から集まった中学生以下の子ども達の稽古練成や演武練成、そして本部道場の植芝道場長や師範たちによる模範演武、一日があっという間に過ぎていきました。大人の演武大会では観客席からしか見られない模範演武も、昨日は子ども達の引率でアリーナまで下りることができたので、まさに目の前で道場長の模範演武を見ることができました。やはり素晴らしい技の数々。流れるような、そして規範通りの無駄のないスピーディな動きに魅了されました。来年はオリンピックの会場となるため、練成大会はありません。中学2年生3年生は最後の大会になりました。ぜひこれからも合気道を続けていってくださいね。小学1年生から中学1年生の皆さん、再来年また一緒に参加できるといいですね!  

船橋合気会暑気払い兼昇段祝い

 投稿者:吉見  投稿日:2019年 7月 5日(金)16時07分38秒
  船橋合気会の暑気払いと、先日行われた審査会での昇段祝いを下記の日程で行います。幹事は長濱さんにお願いしてあります。追って詳細の案内がありますので、奮って参加いただきますようお願いします。ただ、昇段者には未成年も含まれますが、未成年は別途行うこととして 今回は未成年者は省きます。(お酒がでるため)
日時 7月31日(水) 午後6時半ごろスタート予定
以上、よろしくお願いします。
以上です。
 

千葉県合気道連盟前期研修大会のお知らせ

 投稿者:吉見  投稿日:2019年 6月26日(水)10時05分55秒
  千葉県合気道連盟の前期研修大会が下記の要領で開催されます。奮って参加ください。参加費無料、だれでも参加できます。
日時 7月28日(日) 受付 12時、 研修 13時~16時半
会場 千葉県スポーツセンター 武道場
参加者は道場にある参加者リストに名前を記入してください。
 

7月の福太郎アリーナ稽古日

 投稿者:吉見  投稿日:2019年 6月26日(水)10時01分30秒
  7月の福太郎アリーナ稽古日をお知らせします。
土曜日 7月6日、13日、20日、27日
木曜日 7月4日、11日、18日、25日
土曜日は9時~11時 以上です。
 

29日 土曜日の稽古

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 6月26日(水)08時36分22秒
編集済
  管理人です。昨夜は久しぶりの夏らしい蒸し暑さで、かなり汗をかきました。最近武道センターでは、周辺の住民の方々からの要望で、南側の窓やドアを開けることができなくなり、代わりに扇風機が2台増えましたがやはりかなり暑いです。体調管理には十分気をつけましょう!日程表にも記載されていますが、今週末の土曜日は第5週ですが稽古は少年少女部も一般部もありますので、時間のある方はぜひご参加して下さい。  

本日の稽古

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 6月25日(火)10時46分42秒
編集済
  管理人です。市民大会と審査会も無事終了しました。本日からまた通常通りの稽古が始まります。本日は第4週で本来なら武器取りの稽古がある予定ですが、久しぶりの稽古という事で、通常通りの稽古を行うとの事です。皆さん今日は久しぶりの夏日になりそうです。一緒に良い汗を流しましょう!  

少年少女部 昇級審査会

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 6月15日(土)19時53分25秒
編集済
  管理人です。今日は昼頃からかなりの雨風で、会場の武道センターまで皆さん大変だったと思います! たくさんの会員の方々のお陰で、会場設営もスムーズに進み、予定通り1時半に審査会を始めることができました。準10級から3級まで、子どもたちの真剣な取り組みと、固唾を飲んで見守っていた保護者の方々の眼差しにちょっと目頭が熱くなりました。明日は真夏日の一般部の審査会になりそうです。 悔いの無いように力を出し切ってください。会場設営のお手伝いをして頂ける方は、8時半過ぎにセンターにお越し頂けるとありがたいです。  

指導者の安全意識

 投稿者:谷澤 義光  投稿日:2019年 6月15日(土)16時55分58秒
   合気道は、大人の他に、子どもも稽古している道場がたくさんある。子どもが合気道を稽古する意味はどこにあるのだろうか。
 演武会等で子どもの様子を見ていると、会場の通路を走り回ったり、大声を出したりしているのを時々見かける。このような様子を見ると、この道場の指導者は、何を考えて子どもたちを指導しているのかと考えてしまう。単に「躾が悪い」だけでなく、「合気道的に」考えてどうかということである。
 新明解国語辞典(三省堂)では、合気道を「攻撃を加えて来る相手の動きを察知し、事前に徒手でそれを押さえる護身術」と説明している。通路を走り回ったり、大声を出したりしていては、自分の周囲の危険を察知することはできないだろう。技を教えるだけでなく、「危険に近づかない」「いつも自分の周囲に注意を払う」「他人に攻撃されない位置、間合いを常に意識する」などを教えることが必要だろう。例えば、「他人の前を横切らないこと」も、単に「礼儀」だけではなく、「自分が攻撃される可能性を減らす」「攻撃されない位置取りを心がける」という意味があるのだと教える方が「合気道的」だと思う。子どもの時に、このような意識・姿勢が身につけば、一生役に立つのではないか。
 ついでに、前職の経験から言うと、劇場やホール等で演武会等の催し物を開催する際は、消防署に「緊急時の対応」についての書類を提出することになる。観客はどのような経路で避難するのか、避難誘導のスタッフはどのように配置するのかなどを書類で提出する。
 演武会等の催し物は、このような準備を経て実施されるので、会場内を走り回ったり、通路を塞いだりするのは、自分だけでなく他人の安全を脅かす行為である。このように子どもに教えることが「合気道的な」指導だと思う。そのためには、指導者自身が合気道について「深く」考えて、自らの安全意識を高める努力をしていかなければならないと思う。
 

レンタル掲示板
/37