teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ホームページについて

 投稿者:NPO法人 遠州精神保健福祉をメール  投稿日:2005年 8月20日(土)20時32分35秒
  日頃より大変お世話になっております。
 私は、NPO法人 遠州精神保健福祉をすすめる市民の会(以下、EーJAN)の加藤寛盛と申します。
 このたび、EーJANではホームページのリニューアルを検討しております。その際、県西部地区の関係機関の情報提供もできればと考えております。
 つきましては、貴院のホームページへリンクできるようにさせていただけないでしょうか。
 突然不躾なお願いで申し訳ありません。
 今後とも、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
  特定非営利活動法人 遠州精神保健福祉をすすめる市民の会
                                           担当 加藤 寛盛
 
 

認知症高齢者の異常行動(BPSD)と精神科救急

 投稿者:大城一  投稿日:2005年 8月 1日(月)17時35分3秒
  在宅医療の現場では、認知症高齢者の異常行動(BPSD)が激しい場合には、
精神科受診が必要になります。
このような場合の精神科救急について取り上げてみます。
--------------------------------------------------
 一般的に、精神科領域での救急医療とは(速やかに治療的介入を要する急性の精神症状に行う
医療であり、目的は、症状の回復,慢性化を防止する)ことですが,介入することで患者、家族や
社会が被る不利益を最小限にする面もあります。
 精神科救急は,患者が自ら診療を求めてくる場合と,家族や警察,救急隊などの強制力により
救急外来を受診する場合とに分けることができます。患者自身に受診の意思がない場合には、
家族に診察の同意を得る必要があります。
 家族と連絡がとれない場合には、精神科医(精神保健指定医)に相談するか、県内では精神科
救急システムが整備されておりますので、その窓口に相談してもよいでしょう。本人・家族の意思確認
ができなくても、生命・身体を守るため必要があれば緊急避難として医療行為は倫理にかなうわけ
ですが、法規に則した対応が望まれます。救急現場では診断に十分な時間が無く、病名の特定が
困難なことも多いため、治療歴があれば前医への照会をおこない、リスクの評価(身体疾患や外傷
によるリスクと精神症状による自傷他害に関するリスク)、隠れた身体的な問題(脱水、電解質異常、
精神症状をきたす身体疾患)の把握に努めます。
 必要な医療を患者が拒む場合には、鎮静、安全確保のため身体拘束を考慮する必要がありますし、
自傷他害の危険が切迫すれば警察に保護を要請します。なお、入院の必要があるにもかかわらず、
判断能力の障害により同意が得られない場合は、家族の同意があれば精神保健指定医の診察
により、入院(医療保護入院)させることができます。
 薬物療法は、興奮が激しく、とくに、幻覚妄想・滅裂などを早急に鎮静する場合に様々な処方を
行います。注意したい点としては、すぐに精神科に転送するなら、鎮静して患者を眠らせてしまうことは
できるだけ避けてください。搬送途中に呼吸抑制などのリスクがあるのみならず、転送先の精神科医
が患者と会話できないためです。
 患者説明のポイントは、救急診療で精神疾患の存在が明らかになれば、精神の病気であること、
異常行動(BPSD)などは治療によって改善が期待できること、そのために、患者・家族・介護職
および治療者が協力していく必要があることを説明します。救急受診に至った理由が医療以外の
問題、例えば司法的あるいは経済的な問題であることが判明した場合には、その旨を説明して
適切な施設や機関を紹介、必要に応じてケアマネへの連絡や調整を行います。
 精神科救急での精神療法は、患者や同伴者から話を聞くのみならず、身体的な診療を行うなど
して患者の不安を軽減し、救急事態に至った原因や経緯をひも解いて指示を行うことになります。
 精神症状や異常行動(BPSD)の要因は,患者(老人)側にありますが、介護者側にも要因が
あるのです。次の点を確認することで、解決の手がかりや予防の方向が見えてきます。「いつからか」,
「時間帯は」,「きっかけの有無」,「危険な行動か」,「周囲のストレスの程度」,「介護者の感情」
などです。
 

今から帰ります

 投稿者:土屋泰夫  投稿日:2005年 8月 1日(月)09時27分31秒
  理事長先生、院長先生、ケースワーカーの皆様、医療事務の皆様、他職員の方々、ご迷惑をおかけしました。8月3日より出勤いたします。今から帰ります。お土産送りますね。  

「認知症」を正しく理解するために

 投稿者:大城一  投稿日:2005年 7月15日(金)21時10分36秒
編集済
   認知症の高齢者は、2005年は約180万人、そして85歳以上のお年寄りの4人に1人
が認知症といわれ、まさに認知症は身近な問題です。驚くことに、最近行われた
意識調査では、約半数の方が認知症は病気ではないと思っているとの報告があります。
久しぶりに会った人のことが思い出せないといった経験は誰にでもありますね。
一方、「認知症」は「病気」であり、単なるもの忘れではありません。
通常の老化による減少より早く神経細胞が消失してしまう脳の病気が「認知症」です。
認知症の定義は、脳や身体疾患を原因として、記憶・判断力などの障害がおこり、
生活が困難な状態とされています。さまざまな症状によって日常生活が困難となった
状態という点がポイントです。
 認知症の原因となる病気はたくさんありますが、早期に認知症を診断することが
できれば、ご本人やご家族に病気の説明と将来の様々な事柄について、ご本人の
意思を確かめながら治療やケアをすすめることができますし、アルツハイマー型
痴呆(認知症)であっても、早く治療を始めれば、病気が軽い時期をより長く
過ごすことができます。アルツハイマー型痴呆(認知症)は、原因は不明ですが、
脳の神経細胞が急激に減少し、脳が病的に萎縮し高度の知能低下や人格の崩壊に
至る認知症です。 発症はゆっくり、徐々に悪化します。
初期の段階では運動麻痺や感覚障害などの神経症状はなく病気という自覚がない
のが特徴です。症状は、もの忘れがあげられます。最初は、古い記憶は比較的
保たれますが新しい出来事が覚えにくく、忘れやすい特徴があります。
 病気が進むと、もの忘れのために生活に支障をきたすようになり、さらに時間、
場所、人物の判断がつかなくなります。
 脳血管障害による認知症では、脳血管が詰まったり破れたりなどにより、
その部分の脳の働きが悪くなり、認知症になることがあります。症状は、
もの忘れ、頭痛、めまい、耳鳴り、しびれ等がみられ、脳卒中発作がおこるたびに
段階的に悪化することがあります。障害された部位により、ある能力は低下
しているが別の能力は比較的大丈夫という様に、まだら状に低下し記憶障害が
ひどくても人格や判断力は保たれていることが多いのが特徴です。
ほかにも、脳腫瘍やビタミン不足などによる身体の病気で認知症がおこることも
あります。認知症の患者全体の約1割が治療可能な認知症といわれ、原因となる
病気を適切に治療すれば認知症の症状が治る、あるいは症状を軽くすることが
できる認知症もあります。このような認知症を早く見つけ、適切な治療が大切です。
 

「第5回静岡ディメンシア懇話会」が開催されます。

 投稿者:大城一  投稿日:2005年 6月26日(日)05時38分21秒
   介護が必要な認知症高齢者は現在、約150万人とされ、

グループホーム、病院、特別養護老人ホーム、在宅などで

暮らしており、さらに10年後には250万人に達する

見込みである。ところで、介護保険開始後、認知症に対する

介護研究や介護技術が進み、BPSDさえも介護分野の

取り組みが行われ、症例によっては良好な効果が

得られている。身近に接する介護職などが、一人ひとり

の生活歴や心理状態を把握し、不安や孤独にさせたり、

プライドを傷つけたりしなければ症状が抑えられること

がわかってきた。

 厚生労働省では、グループホームの管理者、介護計画

の作成者らに対して、全国一律で計24時間のカリキュ

ラムを必修とし認知症の症状やケアの方法などを習得させる。

特に管理者研修では、利用者の家族や地域、医療との

かかわり、職員会議の開催、記録の重要性、職員研修

の体制づくりなどを盛り込み、05年度から都道府県で

導入し、06年度から全国に拡大するとのことである。

 さて、認知症の話題として、下記の如く

「第5回静岡ディメンシア懇話会」が開催されます。

今回は、浴風会病院 診療部長(認知症介護研究・研修

東京センター 副センター長兼研究部長)須貝佑一先生、

金沢大学神経内科教授 山田正仁先生、より御講演を頂きます。

日 時:平成17年8月6日(土)
    16:30~19:30

場 所:オークラアクトシティホテル浜松
    浜松市板屋町111-1 TEL053-459-0111

【一般演題】
    座長 浜松医科大学精神神経科 講師 三辺 義雄 先生
『ドネペジルの認知機能に対する短期的改善効果と長期的改善効果』
       浜松医科大学 精神神経科  ○井上 淳
       絋仁病院    精神科     星野良一
【特別講演Ⅰ】
    座長 岡本クリニック 院長 岡本 典雄 先生
『認知症に伴う行動と精神の異常(BPSD)への正しい理解と対応』
       浴風会病院 診療部長(認知症介護研究・
       研修東京センター副センター長兼研究部長)
       須貝 佑一 先生
【特別講演Ⅱ】
    座長 浜松医科大学精神神経科教授 森 則夫 先生
『アルツハイマー病:診断上の問題点と新規診断・治療法の開発』
       金沢大学神経内科教授
       山田 正仁 先生
 

「平成17年度 総会」の御案内

 投稿者:大城一  投稿日:2005年 6月 2日(木)14時34分8秒
  「平成17年度 総会」の御案内

風薫る5月、滞渋していた諸々のものが枝葉の伸びる季節の勢いを得て活気溢れる頃です。皆様にはいかがお過ごしでしょうか?
 さて、この度、静岡在宅ケア医療協議会、及びケアマネットふじのくにの「平成17年度総会」を開催することとなりました。また、日本病院管理学会会員の高橋義孝氏による講演も行なうこととし、下記の通りご案内いたします。
 時節柄ご多忙の折、さらには日時が迫ってのご案内で恐縮に存じますが、ぜひご参加をいただきたく別紙の申込書に必要事項を御記入の上5月28日(土)迄にFAXにて御返信下さいますようお願い申し上げます。

-記-

《 日 時 》 平成17年6月5日(日)午後1:40~(受付/1:30~)

《 場 所 》 静岡県看護協会会館(静岡駅南口前/ エスパティオ3F)
                                 *科学館「るくる」が入っているビルです。

《 内 容 》1:40~ 静岡在宅ケア医療協議会「平成17年度 総会」
2:10~ ケアマネットふじのくに「平成17年度 総会」
2:45~ 講演受付
3:15~ 講演(質疑応答を含み、90分)
「半年後に迫る介護保険改正を睨んで、
在宅ケアを中心とした利用者ニーズに応える
ポイント」―在宅介護ビジネスを展開する
新進コンサルタントの視点―
             講師:高橋義孝 氏(日本病院管理学会会員)
㈱日本ケアクオリティ(三島市)代表取締役社長
独立型社会福祉士事務所
「合同社会福祉士事務所」(浜松市)主宰
社会福祉士、介護支援専門員
4:45~ 閉会

http://www.process.ne.jp/~totomimd/

 

講演会御案内 半年後に迫る介護保険改正を睨んで、

 投稿者:大城一  投稿日:2005年 6月 1日(水)13時03分37秒
  ㈱ 日本ケアクオリティ 代表取締役社長
  合同社会福祉士事務所 主宰  高橋義孝 氏

平成17年6月5日
静岡県看護協会会館

1 介護事業所の増殖 

 静岡市羽鳥地区の事例から

2 介護マーケットの変遷 過去20年の回顧

 ニーズは何が変わり、何が変わらないか

3 介護保険制度改正と周辺

 介護予防マネジメント
 地域密着型サービス
 保険者統制
 医療計画制度 療養病床
 権利擁護
 人材

4  2010年、2015年を見込んだ事業とニーズ

 介護予防騒ぎを越えて

 在宅ケアと施設

 公正な競争環境の成立を

http://www.process.ne.jp/~totomimd/

 

平成17年度 静岡在宅ケア医療協議会 総会

 投稿者:大城一  投稿日:2005年 3月29日(火)18時09分18秒
  お世話になっております。  中部事務局です。
標記、総会日程を下記の通りとし、連絡いたします。

【日時】  平成17年6月5日(日)
           *会場は午後1時からの予約を入れてありますが
              開始時間は追って連絡します。
【会場】  静岡県看護協会会館(静岡駅南口前/ エスパティオ3F)

○特別講演は 「介護予防」 についての講演を予定しております。
○当年度も「ケアマネットふじのくに」との合同開催とします。

現状でお知らせできるのは以上の通りです。
皆様には御多忙のことと存じますが、万障お繰り合わせのうえ
多くの御出席をいただきたく宜しくお願い申し上げます。

                                       城西神経内科クリニック内
                                         (中部事務局)  松浦初美

http://www.process.ne.jp/~totomimd/

 

平成17年度 ケアマネットふじのくに 総会

 投稿者:大城一  投稿日:2005年 3月29日(火)18時07分27秒
  お世話になっております。  中部事務局です。
標記、総会日程を下記の通りとし、連絡いたします。

【日時】  平成17年6月5日(日)
           *会場は午後1時からの予約を入れてありますが
              開始時間は追って連絡します。
【会場】  静岡県看護協会会館(静岡駅南口前/ エスパティオ3F)

○特別講演は 「介護予防」 についての講演を予定しております。
○当年度も「静岡在宅ケア医療協議会」との合同開催とします。

現状でお知らせできるのは以上の通りです。
理事の皆様には御多忙のことと存じますが、万障お繰り合わせのうえ
多くの御出席をいただきたく宜しくお願い申し上げます。

                                       城西神経内科クリニック内
                                         (中部事務局)  松浦初美
http://www.process.ne.jp/~totomimd/

http://www.process.ne.jp/~totomimd/

 

ここが変わる!介護保険 (後編)

 投稿者:大城一メール  投稿日:2005年 2月22日(火)13時45分13秒
  前回と今回に分けて、在宅医療コーナーでは在宅医療の実践に欠かせない
「介護保険制度」の改正点についてポイントを整理してみました。
前回は、改正内容のポイントを次の3つにまとめました。
1,介護費用を抑える。(*ホテルコストを徴収する。*介護予防をおこなう。)
2,サービスの質をアップする。(*「地域包括支援センター」をつくる。)
3,新しいサービスを創り出す。(*「小規模多機能型居宅介護」をスタート。)
今回は、制度改正で導入が予定されている「介護予防」についてまとめてみます。

介護予防給付でできること
介護保険制度の改正で、2006年度から導入が予定されているのが「介護予防」。
軽度者を対象に、要介護状態となることを防ぐさまざまなサービスをおこなうものです。
とくに重要な目的とされているのは、生活が不活発になることから心身機能が低下する
のを防ぐこと。積極的に体を動かしてもらったり、外出を促したりすることで、自立
した心身の維持に努めます。
その際、これまでの介護給付とは別に、「予防給付」の制度が設けられることとなりま
した。介護給付を受けていた人も、受けていなかった人も、利用できるサービス内容が
変わる可能性があります。

誰が予防給付を受けるのか?
厚生労働省の小委員会は、「予防給付」の対象となる人の基準や評価方法について、
このほど中間報告をまとめています。それによれば、対象者は次の通り。
予防給付の対象
・ 要介護認定で「要介護1」と判断されていた人
・ 要介護認定で「要支援」と判断されていた人

ただし、以下に該当する人を除きます。
・ 脳卒中や心疾患、外傷の急性期にある人で医療サービスを優先すべき人 
・ 進行性の神経性難病や末期がん患者
・ 意思疎通の困難さが多少見られる程度の認知症で介護が必要な人
・ 精神疾患で理解が難しい人
※除外される人は、健康保険や介護保険などを受給します。
介護給付の対象
・ 要介護認定で「要介護2」「要介護3」「要介護4」「要介護5」と
  判断されていた人

どんなサービスが受けられるの
これまでの通所サービスメニューのほか、今回の中間報告であらたに追加された
サービスは次の3つ。
・運動機能の向上サービス
運動習慣をつけ、トレーニングによって筋力などをアップします。
・栄養改善サービス
適切な栄養バランスのとれた食生活を送れるよう、食習慣を指導します。
・口腔機能の向上サービス
ブラッシング指導を通して、口腔内の清潔を保ち、感染症を予防します。

このほか次の3つのサービスがより充実化されます。
· 予防訪問介護サービス
· 予防通所介護サービス
· 予防通所リハビリテーション介護サービス

特徴は、お年寄りの状態に合ったメニューを組み合わせ、心身ともに自立できるよう
サービスをおこなう点。また、その内容も、あくまで「予防」に重点を置いたものに
なります。たとえば訪問介護なら、「ホームヘルパーさんに任せきりにせず、見守り
を受けながら自分で家事をする」など。

http://www.process.ne.jp/~totomimd/

 

レンタル掲示板
/7